戌年だから

 

…というわけでもないのですが、犬の絵本の翻訳をしています。

原書のタイトルは "Stay"。

 

英語で犬にむかっていう "Stay!"  は、日本語だと「マテ!」。

その場にじっととどまって、うごいてはいけないよという命令です。

「オスワリ」や「フセ」などと同様、犬の訓練では必須項目。

 

でもこれは、犬の訓練の物語ではありません。

赤ちゃんのときから、犬と家族としてくらしていた女の子のお話です。

 

犬は人間の何倍もの速さで年をとります。

女の子がお誕生日をむかえるたびに、この「家族」は4倍か、5倍、いえ、大型犬なので、もっと速く年老いていきました。

そのことに気づいた女の子がしたことは…。

シンプルでかわいい絵本ですが、女の子のきもちの空回りが、ちょっと切ない複雑さを添えています。

 

 

わたしも犬たちと家族としてくらしていました。2匹の犬と二十年近くを。

犬飼い暮らしがおわってもう三年近くになりますが、じぶんの影をなくしたような痛みは、そのままです。

いつもいつも、傍らに寄り添っていた子たちなので。

でもその胸の痛みもふくめて、そのままでいいよと、思います。

そのまま、って、Stayのことですね。

 

さて、タイトルをなんと訳しましょうか…。

 

 

 

コメント