ちっちゃい おおきい おんなのこ 

 

きのうは、打ち合わせラッシュの1日でした。

紅茶屋さんでの打ち合わせが一件、電話での長い打ち合わせが三件。

わたしの基本生活は、ひとり机に貼りつき、猫のしっぽが話し相手なので、ごくたまにこんな日があるとうれしくて脳に過電流がながれます。夜は、ねむれなくなりました。

 

ということで、そのなかから一冊をご紹介します。

 

原題は "Litte Big Girl"。

ちいさな女の子にとって、海は おおきい。

空も おおきい。

街も お店も なにもかも とても おおきい。

 

でも、ちいさな女の子は、とっても元気。

ちいさなからだの すみずみまで みっちりと命がつまっています。

 

あるひ、女の子に弟がうまれます。

弟は 女の子よりも、もっとちいさい。つまり、女の子は おおきくなったのです!

 

弟妹がうまれたときの複雑なきもちをえがく絵本はいろいろありますが、この本の女の子は終始ポジティブ。

おおきい世界への期待に胸がいっぱいです。

 

子どもたちにとって、ほんとうに世界はそうあるべき。

世界に期待を持ち続けることは、ときには困難であるがゆえに、とても勇ましいこと。

ちいさな勇者たちが、美しくておもしろい物事をたくさん発見できますように。

 

 

甘くてかわいい絵と、シャープな色使いが印象的な作者のクレア・キーンは、まさにこんな二人を子育て中の若い女性。

ディズニーの伝説のアニメーターとして名高いグレン・キーン氏の愛娘です。

幼い頃から、パパが帰宅するのを待ちかねて絵を教えてもらったんですって。

そして成長した彼女に、伝説のアニメーターはアドバイスを求めるようになりました。ラプンツェルのアニメでは、クレアの描いた絵が重要な役割をはたしているそうですよ。

 

ディズニーの後継者のひとりですね。

 

 

 

 

 

 


 

コメント