大江戸プリン

 

見てきちゃいました、都営大江戸線にのってるプリンちゃん。

 

新宿で打ち合わせがあったので、ちょっと早めにでて、駅のホームで電車を4本見送ると、おお、5本目に…!

運動会の校庭で、お豆をころがしたような子ども集団のなかに、我が子をみつけた気分。

 

周囲の視線を気にしつつ、写真まで撮っちゃう…。(ああ、ハズカシ)

 

そのままプリンちゃんと一緒に光が丘まで行くわけにはいかないので、中野坂上にて降車して新宿にもどりました。

ところが、自動改札がバタンと閉じてしまって通ることができません。

あらら、窓口でなんて言い訳しよう…。

正直にすべてを話すのもためらわれたので、

 

 わたし「忘れ物をしたので、家に帰ります」(ウソ)

 駅員氏「お乗りになった駅までの往復料金はいただきます。降りたのは、どこでしたか?」

 わたし「中野坂上です」(ホント)

 駅員氏「………」(それにしちゃ大江戸線内にいた時間が長すぎるよなと、しばし黙考)

 

でも、にっこり笑ってゆるしてくれました。340円。

なぜか、かるく罪悪感。

 

ちょっと疲れた親馬鹿の1日。

でも、たかおゆうこさんに写真を送ったら、喜んでくれたのでヨシとしよう…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

プリンちゃん見てみたいなぁ。でも、しばらく上京する予定もないので・・・残念!。
前回のプリンちゃんのときに「優先席」が話題になって、自分の周りの公共交通を思い浮かべました。
朝・夕のラッシュ時をのぞけば、全席優先席!
プリンちゃんの登場は望めません。

  • おみたん
  • 2018/04/13 10:43

全席優先席!? 
それこそ、人間的なくらしではありませんか。うらやましい…。

  • なかがわちひろ
  • 2018/04/15 21:29

いや、いや、日中のバスや列車はがら空きで、わずかに乗っている乗客はほとんどが高齢者・・・、という訳です。

  • おみたん
  • 2018/04/16 10:35