どんぶらこ…と到着


翻訳絵本『あかちゃんが どんぶらこ!』

原題は "Baby on Board"

 

八割がた完成しています。

本体だけが刷り上がり、製本されて、お船で どんぶらこっこと日本の港に到着しました。


わたしが翻訳を終えたのは、昨年の12月。

編集部がイギリスの原著出版社に送ったデータは、ほかの国の言葉とともに、まとめて中国で刷られて、それぞれの国へと旅だったというわけです。どんぶらこ。

 

そう、これが悪名高い、いえ、わたしのキライな、いやその、近年とみに増えてきたグローバルな製作方法「コープロ(co-production 共同製作)」です。

まあきっと、どこかのだれかにとっては、いいこともあるのでしょうね。わたしは色々心配だけども。

 

 

なにはともあれ、文は『もものき なしのき プラムのき』などの、昔話&童謡風味の語り手アラン・アールバーグ。

かわいくて達者な絵は「ブルーカンガルー」シリーズの エマ・チチェスター・クラーク。

 

あるひ浜辺で、乳母車にのった赤ちゃんが、大海原へ…。

えっ、そんなぁ〜 という展開ですが、心配ご無用!

お人形達が赤ちゃんを守り、ちゃんとお世話もいたします。

イギリス人コンビの絵本は、スパイスのきいたユーモアが素敵。

古典的な「子ども部屋」の安心感にくわえて、海洋冒険物語の潮の香りも魅力です。

 

日本語版は、ただいま装丁家の森枝雄司さんによって表紙カバーと帯のデザインが進行中。

帯って 日本独特の出版文化のようですよ。腰巻と呼ぶ人もいるとか。

表紙カバーを内側に折り返した部分は 前袖と後ろ袖。

どれも、きものの言葉ですね。

 

写真右上のPC画面に映っているように、本国イギリスでの刊行は6月7日だそうです。

コープロのいいところは、世界同時発売がちょっと楽しいってことでしょうか。

お国柄によって、けっこう遅れるところもあるみたいだけど。

 

さて、日本での出版は、いつかな〜。

 

 

 

 

コメント