おたすけ会議 3

 

3回目の おたすけ会議を行いました。

コヨセさんのラフもカラフルになり、とてもたのしい。

 

なかでも、みんなが大喜びをしたのが、見返しでした。

何種類か描いてきてくれたのですが、その一枚をみて、口うるさいことには自信のある私とウエムラ編集者の口がとまりました。

新人編集者TK氏にいたっては、両手の指先を頬にあててすっかり乙女な表情。

(ちなみにTK氏は、身長189cm 、20代のクールな理系男子ね)

 

三人が発した言葉は「か、かわいい…」「たのしい…」「それ、ぜったいにいい!」

コヨセさんは、まず見返しで、おたすけこびと世界をぐいっと たぐりよせてくれます。

 

七冊目のおたすけこびとは、船。

もちろん、重機を運ぶ カーフェリーです。

 

全国のカーフェリーを調べたコヨセさんが、モデルとして白羽の矢をたてたのは、この船。

青森の かもしか号。

ほら、開口部が、かっこいいんですよ。(^o^)

 

 

コヨセさんは、さっそく青森にとんで乗船し、たくさんの写真を撮ってきてくれました。

上からの構図で写真を撮らなくちゃと タワーにのぼったら、130段ある階段の足元は網状になっていて、下が丸見え。波音とともに揺れる大海原…。

高所恐怖症のコヨセさんが がたがた震えながら撮影してきたという写真が、こちらです。

 

 

ところで。

この、たくさんのラフ。

 

 

裏はかならず、チラシなのです。

コヨセさんから送られてくる封筒も、ほとんどリサイクル。

 

 

ごく自然に身についている「あたりまえのこと」のようです。

ちょっと素敵、でしょ。

 

コメント